お知らせ
TOPICSお知らせ

平成21年12月トピックス

平成22年4月:「柔道整復師の療養費」減額改正か? (2009/12/18)


先月11日に、行政刷新会議「事業仕分け」:「柔道整復師の療養費に対する国庫
負担」の事業仕分けが行われ、評価結果として見直しを行うという事になりました。

概要を、以下に示します。

<柔道整復師の療養費に対する国庫負担>

●柔道整復師の養成数を管理できる法制度にする必要がある。

●柔道整復師の治療については、不正治療の疑念はぬぐえない。
適正な保険給付に向けた改善を実施する必要がある。

柔道整復師の療養費の保険給付は、2部位80%、3部位33%くらいにする。

3部位請求に4部位同様、負傷原因を記載させる。


<評価結果>
見直しを行う



現段階では見直しが行われることが決定しただけで、具体的にどのように次回の
料金改定が行われるかはわかりませんが、評価内容にもあるように、3部位目の
逓減率の強化等、多部位請求に何らかの減額措置が行われることが予想されます。

次回の料金改定については、正式な情報が入り次第、お知らせします。