お知らせ
TOPICSお知らせ

平成22年2月トピックス

高齢者医療:医療費負担増凍結を平成22年度も継続 (2010/2/8)



厚生労働省から発表された、「平成22年度国民健康保険の保険者等の予算編成に当たっての留意事項について」の通知により、平成21年4月から22年3月までの予定であった高齢者の医療費負担増の凍結を、来年度も継続して行うことが正式に決まりました。
この通知により、70~74歳の人の窓口負担割合(現行1割)の2割への引き上げ(夫婦世帯で年収520万円未満の一般所得の人など対象)が、平成23年3月まで1割のまま据え置きとなります。


平成22年4月以降の高齢者医療費の窓口負担割合
年齢 70歳未満 70~74歳 75歳以上
負担割合 3割 平成23年3月まで1割
(平成23年4月から2割予定)
1割
*現役並み所得者は、いずれも3割負担