お知らせ
TOPICSお知らせ

平成27年1月トピックス

鍼灸柔整新聞にゆがみーるの解説が掲載されました(2015/01/15)


平成26年12月7日に開催されたJATAC長野支部講習会で、弊社が代理店販売を行う「ゆがみーる」が解説されたと鍼灸柔整新聞に掲載されました。(以下抜粋)


  マキシー株式会社が代理店販売している姿勢評価システムソフト『ゆがみーるLite』について、制作元の株式会社ジースポートの堀下工氏が解説した。
  被験者の立位・屈位・測位の画像に身体各部の水平角や関節の角度、位置などを表示。姿勢の評価や分析、姿勢に起因する疾患のリスクなどを提示できるとし、企業の導入事例としてトヨタ自動車やティップネスなどを挙げた。

  続いて、アスリートや格闘家のメディカルトレーナーを務める北浦和駅前接骨院院長の長谷川大明氏が登壇。(中略)自院での『ゆがみーる』活用事例について紹介。測定結果を患者に提示し、インフォームドコンセントと患者教育もかねて治療方針を説明、十分に納得してもらった上で臨むとした。
  伸展型腰痛の男性のケースでは、測定により骨盤前傾が視認され、耳介、肩峰が重心線より後方にあったため後方荷重を推測。さらに、膝蓋骨が重心線より前方に位置していたので、膝関節屈曲により荷重を制御していると評価できたと話す。